レスキュープラスガム《バッチフラワーレメディ》

レスキュープラスガム《バッチフラワーレメディ》

味/フレッシュミント味
内容量/25粒
賞味期限/2022年6月

バッチフラワーレメディは、お花を原料に用いたエッセンスを飲むことにより、ストレスやマイナス感情を和らげる製品です。1936年にイギリスの医師であり、細菌学者、病理学者でもあった、エドワード・バッチ博士により開発されました。

中でも、緊急時のための5種類のレメディ(スターオブベツヘレム、ロックローズ、インパチェンス、チェリープラム、クレマチス)をブレンドした「レスキューレメディ」は、バッチフラワーの中で最も有名で、一番多く利用されてきたレメディです。
このレメディが初めて使用されたのは1933年。英国ノーフォーク州沖で嵐の海に放り出された船員の命を救うため、バッチ博士が処方したのが最初だったと言われています。ヨーロッパでは救急隊の常備品として使っているところもあるほどで、以来今日までいざという時のために使われています。


「レスキューレメディ」は、動揺してしまうような場面で、心を穏やかにしたいときにおすすめです。
何かショックな出来事があった、悪い知らせを受けた、事故にあったり目撃した、歯医者や病院に行く、飛行機に乗る、人前で話す、面接や試験、極度の緊張、パニック、手術前後、救急車を待っている、ケガや火傷のショックなどの時に用います。

気軽に口にでき、携帯もしやすい『レスキューガム』は繊細な方のお出かけのお供に。外出先で動揺するようなことに直面したときも、一つあれば心強いですね。ゆっくりと味わって心を落ち着けましょう。


ー原材料ー
ケナ糖、チクルガムベース(天然チクルツリー樹液、カンデリラワックス、クエン酸)、アガベシロップ、天然フレーバー(スペアミントオイル、ペパーミントオイル、メントールを含む)、マルトデキストリン、アラビアゴム、ステアリン酸マグネシウム、ヒマワリレシチン、グリセリン、カルナウバワックス、トコフロル(新鮮さを維持する)、ブドウブランデー、レスキュー®天然花エッセンス。
在庫状況 在庫 0 売切れ中
購入数
売り切れ